学会からのメッセージ

「不安と緊張が続く現代社会の中で、私たちは、ややもすれば心のバランスを失いがちです。そして家庭でも、学校でも、職場でも、心理的なサポートを必要とするでき事が増えています。

このような社会的要請に応えるため、日本産業カウンセリング学会は1996年3月に創設されました。以来、本学会は、会員も増加し、日本学術会議より研究団体として認定され、企業や公共体、学校、病院、そして、施設、諸団体などを幅広く視野に入れ、そこに働く勤労者の健康、福祉、能力開発に貢献することを目的として、実践的なカウンセリングの研究活動を推進してまいりました。

本学会は、2016年4月の一般社団法人化に伴い、産業カウンセリングを「人間尊重を基本理念として、働く人が心身ともに健康で、それぞれの個性と役割が十分に発揮されるよう支援するカウンセリング活動の総称である。学術研究と現場実践に基づき、個人・集団はもとより組織に対して提供され、それらの成長・発達と共生関係の実現、ひいては幸福かつ持続可能な社会の創造に寄与する専門的過程である。」と定義しました。

産業カウンセリングは、メンタルヘルスケアとキャリア形成支援を2つの重要な柱としていますが、いずれも人の心と深くかかわりを持つもので、別々の問題ではありません。産業・組織のフィールドで働いている研究者や実務家がメンタルとキャリアの両面から力を合わせてこの難問に対処できること、そして、メンタルとキャリアの専門家のコラボレーションが本学会の大きな特徴です。わが国の産業組織における人間の問題は、これからも益々重視されることでしょう。

本学会に、意欲的な産業人、研究者、臨床家が多数ご参加下さることを大いに期待しております。
各位のご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

この学会はどんな活動をするのか

研究大会・総会の開催
会員の研究発表と相互交流の場として、年1回の研究大会が開かれます。
大会では個人発表のほかシンポジウムや講演が行われます。大会中に会員総会も行われます。
機関誌「産業カウンセリング研究」の発行
学会の機関誌として「産業カウンセリング研究」が発行されます。
原著論文、資料、ケースレポートおよび研究や実践に関する最新情報が掲載されます。
研究会・研修会・ワークショップ・講演会
大会とは別の企画として調査研究、研究会シンポジウム研修会やワークショップ、 講演会等が開かれます。
この中で自由な討議が交わされ、研究と実践が深められています。
会報の発行・ホームページ運営
学会活動の情報提供や会員間の意見交流のために、会報を発行しホームページを運営します。
内容は、大会のお知らせ、各種委員会活動などです。またメールニュースも配信いたします。
学会が身近に感じられるような情報をお届けできるよう、会員の参加を期待しています。
その他の活動内容
1) 関係諸団体との交流
2) 産業カウンセリングスーパーバイザーの養成
3) 会員の交流のための懇親会の開催

名簿一覧

平成30年度役員(理事・監事)および委員長名簿
代表理事・会長 小澤 康司
理事・副会長・SV委員長 廣川 進
理事・副会長・研修委員長 松本 桂樹
理事・総務委員長 碇 明生
広報委員長 藤井 由香里
理事・編集委員長 小玉 一樹
理事・研究委員長 五十嵐 敦
理事・倫理委員長 小倉 泰憲
キャリアコンサルタント研究推進委員長 野々垣 みどり
理事・コラボレーション委員長 水野 修次郎
監事 阿南 憲治
監事 浅野 衣子
   
名誉会長・特別顧問・顧問名簿
名誉会長 宮城まり子
特別顧問 木村周
特別顧問 桐村 晋次
特別顧問 杉渓 一言
特別顧問 松原 達哉
顧問 平木 典子
   
社員名簿
社員 市川 佳居
社員 遠藤 瑞江
社員 小山田 治子
社員 菅野 由喜子
社員 菊地 克彦
社員 坂柳 恒夫
社員 下村 英雄
社員 杉本 和夫
社員 高橋 浩
社員 堤 貞夫
社員 寺田 正美
社員 根本 忠一
社員 平野 光俊
社員 文川 実
社員 松下 由美子
社員 渡部 昌平
社員・事務局長 渡邉 祐子

アクセス

一般社団法人 日本産業カウンセリング学会 事務局
〒162-0822
東京都新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン1020
TEL・FAX 03-5228-4418 E-mail info@jaic.jp

【交通手段】
JR 飯田橋駅 東口より徒歩約3分
東京メトロ 有楽町線・東西線・南北線 飯田橋駅B1出口より徒歩約2分

※建物入り口に、郵便ポストがあります。
そのビルの奥へ進み、突き当たりを右に回りこんだ所に管理人室・エントランスホールがあります。
こちらのエレベーターで10階にお上がり下さい。

ページトップに戻ります