一般社団法人 日本産業カウンセリング学会 主催

産業カウンセリングにおける紛争(Conflict)マネージメント
~コンフリクト中心理論によるグループワーク~

コンフリクト中心理論(Focal Conflict Theory)は、集団活動で生じるコンフリクトを管理できる強力な理論です。この理論を学ぶことによって、集団活動に参加することが参加者にとってポジティブな体験となり、それぞれが自己成長することができます。この研修では、グループ・ダイナミックスを学び、グループカウンセリングのプロセスを学ぶことができます。個人は社会や集団の中で、さまざまな対人コンフリクトを経験しています。このコンフリクトは、個人の心の内で起こるものと、対人関係によって起きるものがあります。この研修では、グループワークが個人・グループの双方を発展・成長させるという具体的な事例を通して、個人内・対人コンフリクトに対処する方法を学ぶことができます。

講師ご紹介 Kimberly Asner-Self, Ed. D.
南イリノイ大学大学院カウンセラー教育&スーパービジョン学科博士課程主任。Association for Specialist in Group Work(全米グループワーク専門家協会)前会長。現在、異文化カウンセリングとグループワークの国際化を軸に、マラウィ共和国への教育支援活動を行っている。
Julia Champe, Ph.D.
Walden大学大学院ファミリーカウンセリング講師。前南イリノイ大学大学院臨床メンタルヘルスカウンセリング課程主任。The Family Journal 及び The Journal of School Counseling の編集委員会レビュアー。現在、Focal Conflict Theory の心理教育グループへの応用やグループワークにおける異文化要素と国際化などに取り組んでいる。
日時 大阪会場:2017年9月18日(月) 東京会場:2017年9月24日(日)
会場 東淀川区民会館
大阪市東淀川区東淡路1ー4ー53
06-6379-0700

大阪市バス「東淡路1丁目」停留所より徒歩5分
阪急電車「淡路駅」より徒歩10分
エムワイ貸し会議室お茶の水
東京都千代田区神田駿河台2-1-20 お茶の水ユニオンビル4F B-room
0120-311-044

JR「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口より徒歩2分
東京メトロ「御茶ノ水」駅より徒歩3分
参加費 1万円 1万円
定員 35名 35名
プログラム 10:00 - 11:30
 コンフリクト中心理論紹介
13:00 - 14:30
 コンフリクト中心理論応用(I)事例検討
 ―団体内の対立構造の理解―
15:30 - 17:00
 コンフリクト中心理論応用(II)事例を使っての実践演習
 ―グループ内のコンフリクト対処―

【事例募集】
【事例募集】集団(社内、学級、社交の場、家族)での事例を研修の場で共有してみませんか?事例提供者を募集します。コンフリクト中心理論を実際に応用してみましょう。締め切りは8月25日(金)です。お申し込みについては、学会事務局 (info@jaic.jp)までお問い合わせください。

 

研修会参加申込方法

① 「希望会場・お名前・ご所属・会員/非会員・メールアドレス・お電話番号」をご記入のうえ、事前にメール(jaic-post@bunken.co.jp)または、こちらのPDFを印刷・記入後ファックス(FAX番号:03-3368-2822)によりお申込ください。

② 参加費は、お手数ですが下記口座にお振込みください。お振込み頂いた方には、事務局から確認のメール(またはファックス)をお送りしますので、印刷のうえ当日会場受付にご持参ください。

③ 振込み先:(ご注意)一般社団法人化に伴い、従前の口座番号から変更されています。

口座名 一般社団法人 日本産業カウンセリング学会 研修
ゆうちょ銀行 00170- 2 -696743(郵便振替口座)
ゆうちょ銀行 0一九店(019)当座0696743(他金融機関からの振込み用)
● 払込取扱票の通信欄に「グループワーク研修会参加費」とご記入ください。
● 別途手数料がかかります。お振込み頂いた参加費はお返しできませんので、予めご了承ください。

④申込期限:9月1日(金)
 振込み期限:9月8日(金)
 ※入金の確認が取れ次第、申し込みが確定します。お早めのお手続きをお願いします。

前のページにもどる

ページトップに戻ります